全国25万5443家族を

笑顔にするプロジェクト

2008y07m16d_155110375.jpg

もしアナタが「俺の建てる家はハウスメーカーよりお施主さんを幸せに出来る」と胸を張って言えるなら、私の同志になってください。

kaosyasin.jpg
From:青木 義博
月曜日、千葉県館山市、午前10時20分

我々地場工務店を取り巻く環境は悪化の一途をたどっています。
いろいろ挙げればキリがありませんが根本的な悩みは【集客】です。

・家を建てたいと思っている人がどこにいるのか?

・どうアピールすればコンタクトできるようになるのか?

この二つの最重要課題を、解決しようにも、今までの狩猟型営業手法が通用しなくなってきているのは、アナタもお分かりでしょう。

それを解決するのは顧客自己成長型のマーケティングです。
顧客自己成長型マーケティングがうまくいき始めると営業コストが下がり、利益が上がります。
ですから、顧客自己成長型のマーケティングをいかに早く導入するかが地場工務店の生き残りの鍵です。

私が顧客自己成長型マーケティングを住宅業界に広める目的はただひとつ。

【多くのエンドユーザーさんを幸せな家づくりへ導くため】

それだけです。

私は一人きりで工務店を運営しています。
見込み客さんを集めることから、現場のゴミ拾いまで私がやります。
そこまで私が家づくりにかかわるとどうしても年間に建てて差し上げられるお客様の数が限られてしまうのです。

しかし、私が行っている顧客自己成長型マーケティングを、悩みを抱えた多くの工務店経営者の方に使ってもらえれば、広めた数に比例して幸せに出来るエンドユーザーさんの数も増やせると考えたのです。

アナタを通じて多くのエンドユーザーさんを幸せな家づくりへ導きたいという想いでこのプロジェクトを立ち上げました。

「理想の住宅会社に出会いたい」というエンドユーザーさんと、真摯に家づくりに取り組む地場住宅会社とを、ともに幸せにするための環境をつくるプロジェクトなのです。

ではなぜ顧客自己成長型マーケティングを導入するとお客さんと住宅会社の両方が幸せになれるのでしょうか?

建設、建築業界は大淘汰時代に入りました。
しかし、法律や時代が変わっても、住宅会社の仕事は変わりません。
それはお客さんに「いい家を建ててくれてありがとう」と感謝されることです。

いくら時代が変わってもコレだけは変わりません。

そのためには、お互いに理想の住宅会社、理想のお客さんに出会うことが必要不可決です。
そのお互いの理想の家づくりのパートナー探しに最も適しているのが、私の実践して来た顧客自己成長型マーケティングなのです。

エンドユーザーと住宅会社、お互いに相性のいい相手を見つけやすいマーケティング手法を導入することで、幸せな家づくりをする人が一人でも多く増やすことが出来ます。

コレこそが従来の設計コンペ方式には出来ない、本当の意味でのマッチング支援といえるのではないでしょうか。

ですから、「俺に建てる家のほうがハウスメーカーよりお客さんを絶対に幸せに出来る」と胸を張って言えるアナタにこそ、このプロジェクトに参加してもらいたいのです。

参加するには二つだけ条件があります。
一つ目の条件は私の「顧客自己成長型マーケティング実践例集」をお手にとっていただくことです。
それでは「顧客自己成長型マーケティング実践例集」の内容を説明しましょう。

たったの39,800円で総額306,800円分、21のノウハウをすべて提供します。

●以下のような膨大な量のノウハウが手に入ります。

#1.月刊情報誌『居間人』 36ヶ月分 36,000円
イマジンが発行していたエンドユーザーさん向け情報誌
情報誌を自分で作れないという人は内容をそのまま使ってもOK

#2.『現場周辺地域密着型チラシ成功事例集』51例 52,500円
このサイト内で実際にこの金額で販売していたチラシ成功事例集

#3.レポート『24時間、365日、文句も言わずに働き続ける優良営業マンを無給で使いこなす唯一の方法』 2,000円
このサイト内で実際にこの金額で販売していたホームページに関するレポート

#4.『小冊子請求広告事例集・解説書付き』 52,500円
イマジンの2年間にわたる資料請求広告の試行錯誤のプロセスをすべて開示
一人当たり780円という安さで見込み客を獲得していた秘密を初めて公開

#5.『プレスリリース事例集・解説書付き』 39,800円
イマジンホームビルドが行ってきたマスコミへのアプローチ方法を公開
マスコミに幾度となく無料で掲載されるコツを解説  

#6.『小冊子作成講座・音声ファイル約1時間』 31,500円
このサイトで実際にこの金額で販売していた音声講座
全部オリジナルの内容で誰でも小冊子が作成可能なノウハウ

#7.レポート『共感を得られる文章テクニック』 19,800円
参加費10万円以上のセミナーで使用した文章作成の解説書

#8.レポート『トラの威を借るキツネ戦略』 9,800円
無料で勝手に無限に小冊子が広まっていく究極ノウハウを解説

#9.レポート『お客さんの反応が無いと悩む前にコレをやれ』3,800円
なぜ小冊子を配ったお客さんからの反響がないのか?という悩みを根本的な部分から解説したレポート

#10.『カンタン!置き換え式現場見学会用ダイレクトメールひな型』 19,800円
「チラシ風DM」「現場見学会DM」「現場見学会DM縦書き」の3種類のひな型を用意 会員は内容をそのまま使ってもOK

#11.『穴埋め式楽々作成キャッチコピー81連発!』 14,800円
誰でも5分で出来る!チラシ、少予算広告にも使える!お客の目を釘付けにするキャッチコピーを穴埋め形式でカンタン作成

#12.『お客様のハートに“ビンビン”伝わる単語集186選』 7,500円

#13.レポート『自分で出来る検索エンジン上位表示対策』 7,500円

#14.レポート『無料で出来るアクセスアップ』 1,000円
検索エンジンに素早くクロールされるための各検索エンジンへの登録を解説

#15.『メールマガジン配信スタンド一覧』 1,000円

#16.『小冊子広告を成功させるキャッチコピーの作り方』 1,000円

#17.『相手から上手に質問を引き出す方法』 3,000円

#18.『はじめにが重要なわけ』 500円

#19.『はじめてあった気がしないと言われる文章テクニック』 1,000円

#20.『人の感情を揺さぶる文章が書けるようになるカンタンな方法』 1,000円

#21.『マスコミ用プロフィールひな型』 1,000円

以上のような今すぐ使える実践例を手に入れることが出来ます。
コレならアナタもスグに顧客育成型マーケティングを導入することができるでしょう。そのために必要な道具が、すべて揃っています。
私ので推奨する顧客育成型マーケティングを実践している会社は本当に少ないです。ですからチャンスなのです。

ここで【サラリーマン長者 会社を辞めずに年収と幸せを10倍にする方法】、【超一流の年収を稼ぐスーパーセールスマンになる方法】、【あなたのお客をつくる『モテビジ』の法則】など3冊のベストセラービジネス書を著書に持ち、スーパービジネスマン養成講座を主宰されている、有名コンサルタントの吉江勝先生にから推薦をいただきましたので紹介します。

青木さんの新サービスについて

2008年1月14日 PM12:16

はじめまして。
私は会員制のコンサルティング会社を経営しているスーパービジネスマン養成講座の吉江勝と申します。

このたび青木さんが始める新しい工務店サポートは使えると思います。
地場工務店に特化され、さらにご自身も大成功されている青木さんのサポートがあれば、現在苦しんでおられる工務店の皆様方に明るい希望が訪れることは想像に難くありません。

やはりこの日本を良くするにはリアル社会で額に汗して頑張っておられる皆様方が成果を出し潤うことが1番重要だと感じております。

アナタが青木さんのサポートを使って活路が見出されることを心よりお祈り申し上げます。ありがとうございました。

スーパービジネスマン養成講座 主宰

吉江勝

続いて元日本住宅新聞西日本版編集長の佐倉様より推薦をいただきました。

工務店支援の革命、それが顧客育成型マーケティングで青木さんが目指すものだと思う

2008年6月30日 PM15:50

1万人を対象とする業界メディアから一人からでも受信が可能な蜜で濃いネットワークへ。
限界に来た工務店支援モデルから脱却し、限られたメンバーシップによるマーケティングモデルの創造へ。

そのときに伝える手段は紙でもネットでも葉っぱでも口述でも何でもいい。
手段は本質ではないのである。

ただコストが掛からず、便利であると言う理由があればいい。
要するに伝わればいいのである。

伝わるためであれば青木さんは10万ページに及ぶ書籍をつくるかもしれない。
100万回にも及ぶセミナーを開催するかもしれない。
たった1回の電子メールかもしれない。

5年前私と青木さんは出会った。

いつも本当に意味のある工務店支援のあり方を議論してきた。
青木さんは工務店であり、本来は支援される側の立場にある。
だから「されたくない支援」と「して欲しい支援」を身をもって知っている。

同業である、おそらく今後顧客育成型マーケティングを実践しようとする工務店の方々は、青木さんとたくさんの話をすることで数多く脳の活性化を実感されるに違いない。

佐倉 慎二郎

次に実際に私のアドバイスを受けている宇山隆之さんからのメッセージをお聞きください。

青木義博君という男について
彼とは高校の同級生でした。
彼はサービス精神が旺盛です。創造性も豊かで人懐っこいところもあります。

私自身も経営者です。
その経営者という立場での、よき相談相手は120%青木義博です。
高名な経営塾にも入って他にも友人はいます。
しかし、彼の特にマーケティングにおいての実践しながら身につけた考え方にはいつも感心させられます。

私は彼との会話の中で交わされるアドバイスや、彼からもらうアイデアは全て実践しています。

私の会社経営に彼がもたらした功績は非常に大きいのですが、そのひとつとして新規事業の立ち上げがあります。

平成12年のことですが、彼はこれからの社会ニーズとして、私に地盤調査会社の立ち上げを勧めました。
その地盤調査会社は立ち上げ当社から軌道にのり、その後も数々のアドバイスのおかげで業績も順調に推移しています。

そして、私の本業である白浜生コンの運営についても頻繁に相談に乗ってくれ、今でも方向性の確認をしてもらっています。

特にホームページのアイデアと構成については、青木義博プロデュースにより創られたものです。
このホームページも言うまでも無く成果を挙げています。

そんな青木義博が始める新しい工務店サポートの内容を聞いて、スゲー!!ビックリでした。正直感激しました。

私が工務店経営者ならまず間違いなく、飛びつくでしょうね。
彼が提供するサポート内容は、彼が創業時に広告チラシのポスティングで顧客探しに奔走した、その苦労を知るからこその発想だと思います。

工務店経営で一番コストシェアの高い、顧客探し(販売管理費)にこれだけ明確で効果の見えやすい仕組みは、確かに伝わるマーケティング研究会の名に恥じない内容となっていて地場工務店さんのお役に立てることは間違いないでしょう。

白浜生コン株式会社

CEO 宇山隆之

もうフランチャイズやコンサルタント、高額なノウハウを買ってお金をドブに捨てることはありません
見学会などのイベントや、いい家を建ててお客様を喜ばせることにお金を使ってください。

さて、二つ目の条件ですが

もしかするとアナタには公開できないかもしれません

それは実践例の公開にエリア制を採用しているからです。
当プロジェクトには郵便番号で分けられたエリアに対して1社のみ実践例を公開しています。
例えば私の住所なら千葉県館山市船形は郵便番号294−0056ですから294−0056に本社を置く会社はプロジェクトに参加できないということです。

ですから、顧客育成型マーケティングを使って同地域のライバルとバッティングしないためにも早めに申し込み、エリアを確保されることをオススメします。

3.gif

今日中に参加申し込みの意思表示をしてくれた人に【お客様の声収集法】のレポートを無料でプレゼントします。このレポートを読むと・・・

  • なぜお客様の声を集めなければいけないのか?
  • お客様の声を使って社員のやる気を上げるには?
  • お客様の声をホームページ以外で使う方法
  • なかなか書いてくれないOB客さんに催促する方法
  • 一行で終わらないお客様の声を集める方法
  • 手紙形式のお客様の声をもらうメリットとは?
  • 苦情が入ったお客様の声をあえて公開するのはなぜか?
  • お客様にアナタが書いて欲しいことを書いてもらうには?

などなどお客様の声を収集するコツがスグにつかめます。

「人に魚を与えれば、一日生かすことが出来る。だが、魚の釣り方を教えれば、一生生かすことが出来る。」(老子)

私は工務店業界では比較的早い段階で顧客自己成長型のマーケティングを使い、成果を出してきました。

後から続くあなたは私に続けばいいのです。
当プロジェクトでは青木のすべての実践例、成果を公開しています。
アナタにゼロからのチャレンジは必要ないのです。

私はアナタに魚の釣り方を教えます。
アナタのプロジェクトへの参加を心よりお待ちしています。

aokifudeji.jpg

001.gif

追伸
入会前によくある質問を掲載します。
参考にしてください。

Q:同じ地域の同業者とバッティングしないようにして欲しいのですが
A:当プロジェクトではエリア制を導入しています 会員会社は郵便番号で分かれた地域に対して、一社のみしか入会できませんのでご安心ください。

Q:参加するデメリットはなんですか?
A:正直言って、コンサルやFCの工務店支援と比べると、参加しない理由を探す方が難しいと思います。
しかし、結果のすべてを私(青木)に依存したり、進んで結果を求めるような行動をしない人であれば成果を出すのは難しいかもしれません。

「顧客自己成長型マーケティング実践例集」申し込みフォーム

会社名*
お名前*
メールアドレス*
ご住所*

郵便番号 :
都道府県 :
市区町村 :
番地建物 :


経営上のお悩み*

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM